生活保護受給で自己破産【借金返済は悩むよりもまず相談を】

借金が返済できなくなった理由は、ご自身に問題があるケースばかり注目されますが、

家族の看護や介護費用を捻出するため、やむを得ない借金をしなければならない方も多いです。

頑張ってコツコツ返済してきた、なっちゃんさんが病気になって生活保護を受給することになってしまった。

そんな彼女が決意した自己破産という選択について、体験談をお聞きしました。

【なっちゃんのプロフィール】

基本情報
20代・主婦・奈良県橿原市
債務整理の方法
自己破産
相談した法律事務所
法テラス
債務整理をしなければならなかった理由
家族の看護や介護費用のため借りた借金返済ができなくなったため

病気を患い、生活保護受給になって借金返済ができなくなった

saimuseiri20

それまで働きながらコツコツと返済していたのですが、病気を患い働けなくなりました。

そのため返済は愚か生活もできない状態になり、役所へ相談に行ったところ治療中だけでも生活保護を受けることになりました。

しかし、生活保護受給中は生活に必要なお金以外(借金の返済等)に遣ってはいけないということで、

担当のケースワーカーさんと相談して自己破産することになりました。

有難いことに、生活保護受給中は弁護士費用が免除されるということで、あまり迷わず自己破産を進めることができました。

自己破産で名義がブラックリストに載ることに対する抵抗と不安

借金をすることなんてもうないとは思っていましたが、やはり自己破産することによって自分の名前に信用が無くなるということにとても不安を感じました。

もちろんそのことも踏まえて弁護士さんにご相談したのですが、私の場合は女性なので結婚して姓が変わればまた違ってくると教えて頂きました。

市役所からの紹介やインターネットを使って法テラスに決定

市役所のケースワーカーさんやインターネットで調べたところ、「法テラス」という団体があることを知り、まず無料相談の予約をしました。

初回の無料相談でじっくり話を聞いてくださり、迷わずこの弁護士さんにお願いしようと決めました。

生活保護受給中のため、弁護士費用が免除されるため、費用面に関しては気にすることなく相談できたのも大きかったです。

自己破産という債務整理が最善の解決法であると納得

生活保護受給が一番の理由でしたが、今後の支払い能力の有無や結婚前ということもあり不安がありました。

しかし、市役所のケースワーカーさんとの相談の経緯を説明し、「自己破産」の方向で考えていると始めから弁護士さんに伝えました。

●女性なので今後ローンを組む率も低い

●10年で名義回復する

●自己破産することによって今後夫になる人に迷惑がかかることもない

と1つ1つ説明を頂き、弁護士さんからも「自己破産」を勧められたことで、ようやく気持ちも踏み切れたと思っています。

今だから思う悩むよりもまずは相談することの大切さ

自分の中ではずっと、

「自己破産」は社会の信用を失う最低最悪な手段だというイメージがありました。

借金をすること自体に抵抗がありましたが、やむを得ず借金をせざるを得なかった状況だった私。

しかし借りたからには返すのは当たり前のことで、病気になって働けなくなってしまったときは本当に悩んで苦しかったです。

そんなときに無料相談があると知り、弁護士さんに不安なことを話すことで一つ一つ丁寧に説明して下さいました。

弁護士費用免除のことも知らなくて、もっと早く知っていれば良かったのに、といまでは思います。


まさか自分が借金をして、生活保護を受給するなんてと思った、なっちゃんさん。

また、結婚前の女性だからこその悩みがあって、なかなか前に進めなかった気持ちがよく分かりますね。

でも、そんな彼女だからこそ、早く相談しておけばよかったと今になれば思うんですね。

あなたも1人で悩んでいるのであれば、まずは信頼の置ける法律相談所や弁護士を見つけることが大事です。

ピンと感じた時に即行動!がターニングポイントとなりますよ!

yaji-saimuseiri
サブコンテンツ

このページの先頭へ