債務整理後にクレジットカードを1発で作るための3ステップ

債務整理をしたらクレジットカードが一定期間作れない。

この理由と期間に関してはこちらの記事で詳しく触れました。

⇒ 自己破産したらクレジットカードは作ることができないのか?

債務整理の方法や返済期間によっても明確に何年後ということは言えませんが、

私が過去任意整理をした時は、借金返済完了後から5年後、

債務整理中の期間を含めるとおよそ7年後にカードを発行することができました。

債務整理をするくらい借金をしたのに、クレジットカードを作ろうなんておこがましいと言う方もいらっしゃいますが、

今の日本社会においてクレジットカードが無い生活は不便であることは債務整理を経験したものなら痛いほど分かります。

クレジットカードを使用できない生活の経験があるからこそ、今度は上手に取り入れていくことを考えればいいと私は感じています。

ただ、色んな口コミを見ていると、なかなかカードの審査が通らないという方も少なくないようですね。

そこで私の経験から、債務整理後のクレジットカード発行の手順をまとめてみました。

債務整理後にクレジット-カードを作るための手順

saimuseiri14

1.信用機関に信用情報の開示請求をする

債務整理をすると、その事実が信用機関に情報登録される、いわゆるブラックリストに載ってしまいます。

任意整理の場合は、5年間と言われていますが、いつから記載されるかは手続きのタイミングによっても違います。

そのため、自分では5年間立っていると思っていても、まだ信用情報に記載されていることもあります。

それを調べるために、まずは信用情報の開示請求をします。

例えば、

JICC(日本信用情報機構)であれば手数料1,000円で開示請求が可能です。

⇒ JICC(日本信用情報機構)の信用情報の開示手続き

この信用情報の記載が解除されていれば、まずは第一段階がクリアということになります。

2.債務整理前に作成したクレジットカードをピックアップする

信用情報の記載が解除されていれば、普通の方と同じくクレジットカードは作成できる状況です。

債務整理をしたからといって審査基準が厳しくなるということは決してありません。

ただし、

過去に作成したクレジットカードと全く同じカードは審査が通りにくい

と言われています。

絶対作れないというとはいえませんが、各クレジットカード会社ごとに過去の運用履歴を記した個人情報が保管されているのは確かです。

そのため、審査基準に何かしら関わってくるというリスクがあることを考えておきましょう。

債務整理の有無に関わらず、

クレジットカードの審査は1回落ちると6ヶ月間は申請しても審査には絶対通りません。

1回でクレジットカードの審査を通すためには、可能性のあるリスクはできるだけ排除しておくべきです。

そのために、債務整理前に作成したクレジットカードを整理して、同じクレジットカードの申請をしないようにします。

3.審査が通りやすいクレジットカードを作る

今では色んな企業がコラボをしてクレジットカードを提供していますが、

主な決済手段のブランドとしては、この5つ。

VISA(ビザ)

MASTERCARD(マスターカード)

JCB(ジェーシービー)

DINNERS CLUB(ダイナーズクラブ)

AMERIKAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)

サラリーマンのように安定した収入や貯蓄があれば、どこのブランドのカードに申請しても、ほぼほぼ通らないことはありません。

ただ、それぞれ審査基準が微妙に違うと言われています。

私も色々なブランドのカードを作ってきましたが、確かにその違いは感じています。

債務整理後に初めて作るカードとして、さらに1発で審査を通したいあなたは、できるだけ審査基準の高くないカードをセレクトしましょう。

ちなみに上記5ブランドで言えば、

AMERIKAN EXPRESS(アメリカン・エキスプレス)

が比較的、審査通過の敷居が低いです。

また、このヤマダLABIカードのように、

積極的にカード発行を展開しているセゾン系や航空会社系、そして大手量販店のコラボカードも通りやすいですね。

こうした審査の通りやすいブランド+コラボ企業を吟味して申請するクレジットカードを選ぶことが審査を通すコツです。


この手順を踏んでも審査が通らなかった場合は、残念ではありますが半年後にまたトライしましょう。

その待機期間中はデビットカードで対応するのも1つの手ですが、やや使えるお店やサービスが少ないですよね。

そんな時は、

銀行カードの付帯機能でつけられるVISA付きデビットカードがおすすめです。

このカードを持っていればVISAの加盟店でデビットカードと同じように使えます。

クレジットカード払いが出来るお店なら、ほぼVISAの加盟店になりますので、

通常のデビットカードよりは格段に使用範囲が広がります。ぜひ頭の片隅にでも入れておいてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ