債務整理のデメリットを知ればあなたは安易に踏み切れない!

あなたが抱えている借金を大幅に減額、もしくはゼロにしてしまう力を持つ債務整理。

しかし、あなたが借りたお金を返すことができない状況になってしまった以上、

債務整理をノーリスクで行うことは不可能で、何らかのリスクを必ず背負う必要があります。

これが債務整理を行うデメリットになるわけですが、ここでは各手続きに関することではなく、

債務整理全体のデメリットについて解説していきましょう。

共通するのは”債務整理をした”という事実が残ること

債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の方法がありますが、

あなたがいずれかの手続を行った場合、「債務整理をした」という事実が信用情報機関に登録されます。

つまり、

あなたはこれから原則借金ができなくなる

ということ。もちろん無期限というわけではありません。

最低5年間はどの債務整理の手続きでも同じですが、自己破産の場合、最長10年になる場合もあります。

⇒ 自己破産したらクレジットカードは作ることができないのか?

私も任意整理の経験がある身としてお伝えしておきますが、この期間は中々大変です。

もともと借金属性を持っている人間が、それ以上、借金ができない辛さはあなたならわかるはず。

債務整理をするということは、借金返済だけが目的ではなく、あなたの思考や環境も一変させる覚悟が必要ということです。

あなたは借金がなくなっても”保証人”はなくならない

saimuseiri10

恐らくあなたは今、自分が借りたお金を返すということだけしか頭にはないはず。

少し冷静になって、あなたが借りたお金の保証人になってくれた方のことを思い出してください。

確かに、債務整理をすれば「あなた」の借金は減額、もしくは全てなくなります。

しかし、保証人に対する借金はなくなりません

これが債務整理をする上で最もデメリットと言える部分でしょう。

唯一、任意整理の場合は保証人の返済義務は免除されますが、その代わり保証人にも任意整理の手続をしてもらう必要があります。

つまり、保証人も信用情報機関に事故情報を登録されてしまうということです。

個人再生や自己破産には、こうした措置もなく、あなたの借金がゼロになっても保証人の借金はそのまま残ります。

私も最初は自己破産を覚悟していましたが、この事実を知り本当に悩みました。

あなたが作った借金は、借り始めたその時からすでに「あなただけのもの」ではありません。

頭で分かってはいたけれど、得てして債務整理をする際にその事実を重く感じるもの。

そうした債務整理のデメリットを理解した上で、あなたは債務整理をするべきかどうかを決めていく必要があります。

そのためには、決して1人で悩まずに必ず専門家に相談すること。

私も弁護士に相談して自己破産ではなく任意整理という手段をセレクトすることができました。

自分では想像の域を出ないことでも、専門家のアドバイスがあれば全く違います。

何よりまずは、信頼のおける弁護士を見つけることが解決策の一歩です。

⇒ 弁護士(法律相談所)の上手な探し方

サブコンテンツ

このページの先頭へ