債務整理をするとブラックリストに載るとは一体どういう事?

債務整理をするとブラックリストに載ってしまう。

あなたも、そんな噂を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

では、ブラックリストに載るということはどういうことか。

以前、自己破産とクレジットカードの記事でブラックリストについて軽く触れましたが、

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報として登録されてしまうこと

をいいます。

厳密には信用情報機関が「ブラックリスト」という言葉を用いることはありませんが、

世間一般的には広く、事故情報が登録されている状況をブラックリストと認知されているのが現状です。

この事故情報は、何も債務整理にかぎらず、

入金予定日から3ヶ月以上たっても支払われない期間中ずっと(延滞期間)

その延滞していた金額を入金をした日から1年間(延滞解消期間)

こうした延滞に関する情報も事故情報としてブラックリストに載ることになります。

このリストに記載されている期間中は、銀行からの借り入れ、クレジットカードの発行などはもちろん、

あなたがすでにお持ちのクレジットカードも使えなくなると思っておいたほうが賢明です。

債務整理をしたらブラックリストに載る期間はどのくらいか?

saimuseiri13

このように原則、借り入れができない状態が一定期間続くブラックリストへの登録。

債務整理の手続きをすると、具体的にどのくらいの期間、事故情報が載り続けてしまうのでしょうか。

先の記事でも触れているように、信用情報機関もJICC、CIC、KSCと3つがあります。

それぞれ、事故情報を載せる期間や基準も違うため、あなたの借入先によっても登録期間は違います。

とはいえ、総合的に考えれば、

最低5年間は載ると考えておくのが妥当です。

短く済むケースもゼロではありませんが、5年という期間を目安にしておくべきと経験者である私は考えています。

もっと具体的な期間を知りたい方のために、各信用情報機関の情報をまとめておきます。


●JICC(株式会社日本信用情報機構)

任意整理:5年間

個人再生:5年間

自己破産:5年間

●CIC(株式会社シーアイシー)

任意整理:原則登録されません

個人再生:原則登録されません

自己破産:5年間

●KSC(全国銀行個人信用情報センター)

任意整理:原則登録されません

個人再生:10年間

自己破産:10年間


このように個人再生や自己破産は最大で10年間、ブラックリスト載る形になりますが、

すべての信用情報機関に当てはまるということではないことがお分かり頂けると思います。

債務整理完了後に信用情報機関に開示請求を行えば、自分の事故情報が記載されているかどうかも確認ができます。

ただし、

一度載った事故情報を第三者が消す(修正する)ことは絶対にできません。

私も任意整理後に5年は借り入れができませんでしたが、

その途中に必ず「事故情報を消してあげる」という甘い誘いがDMやら電話を通じてやってきます。

これは完全なる詐欺ですから、絶対に鵜呑みしないようにしましょう。


このように、債務整理を行うと一定期間以上は借り入れできない状況が続きます。

また、債務整理のやり方によっても期間が短くすむか、長くなるかもお分かり頂けたことと思います。

なので、債務整理をする前には、まずはあなたの借金返済シュミレーションを明確にしておくこと。

いきなり弁護士に相談するのは気がひけるというのであれば、

下記のような匿名相談ができるサービスを利用して、

自分がどういった形で借金返済をしていくのがベストかを知ることからはじめましょう。

⇒ 街角法律相談所【匿名無料相談】

サブコンテンツ

このページの先頭へ